会長あいさつ

令和2年度栃事研運営方針

 令和2年度は、新型コロナウイルス感染症対策による緊急事態宣言が出され、学校の休業措置や不要不急の外出禁止、会議や集会等の自粛などこれまで経験したことのない事態に苦慮するなか始まりました。そして今、第2波、第3波に警戒しつつも社会全体が「日常」を取り戻そうと動き始めました。しかし、何よりも優先されるべきは人命であり、安全安心の保障です。これからの「新しい日常」は、そのことを踏まえ、マスクの着用、手洗いうがい等や、ソーシャルディスタンスの常態化を基本として、社会活動・生活様式が大幅に変わっていくことになります。
 学校では、新たな学校生活や授業形態・活動様式に変化しています。また、経済的困難な家庭の増加、教職員の勤務や働き方の変化などが起きています。さらに、頻発する自然災害など多くの危機を乗り越えながらも、子どもたちは社会を生き抜いていく力を身に付けなければなりません。そして子どもたちが学び、育つ学校は安全安心な生活の場、多様な学びの場として、子どもたちや保護者、地域社会の願いを共に実現していくという重要な役割をこれまで以上に担っていくことになります。そして、子どもたちの確かな学力や豊かな心の醸成を図っていかなければなりません。

 栃事研は、国や県の打ち出す学校の働き方改革や業務改善、カリキュラムマネジメントの提言などを踏まえ、令和元年度に「第2期とちぎ学校事務ビジョン」と実行策「とちぎサクセスプラン」を策定し活動を進めています。またもう一つの活動の柱である中期研究計画においても年次別課題を「第2期学校事務ビジョン」としました。この二つの柱に共通するのは「身に付け考える」から「実践」「行動」する時代へ変わっていくことであり、それが様々な改革への応えであると考えます。今、学校の様子が一変するような状況だからこそ、学校経営に参画し、子どもたちの学び、安全安心を保障していくとちぎの学校事務を創造していく必要があると考えます。
 具体的には「学びの充実を目指す」としていた令和元年度までの研究主題を、令和2年度は「学びの充実を図る学校事務」としました。「目指す」のは栃事研、各地区支部や共同実施組織全体であり、それを基盤として事務職員一人一人が、各学校において学校経営に深く参画し、課題解決や改善の担い手となっていくことが「図る」ことになります。それは、これまで身に付けた「マネジメント力」を「発揮」することで実現されます。例えばこの緊急事態に対応しての一連の対策や成果と課題、子どもや保護者、教職員の声、国や県・市町の施策、教育委員会との連携などを情報化(データ化)し、新たな事態に備えるなど、学びの充実に欠かせない重要な情報マネジメントの役割を果たすことができます。このように、学校の使命である学びの充実を教職員と共にチームの一員として成し遂げていくことや、学校のマネジメント力の推進者として地域とのつながりを深めていく、学校事務の展開を更に追及していきたいと思います。
 本年度は、栃事研活動も大きく制限されると思います。しかしながら各専門部を含め組織全体で工夫していただき、目標達成に向かって活動していただきたいと思います。
 あらゆる場面で事務職員のマネジメント力の発揮が期待されます。これまで身に付けた経験と知識、行動力をもって一丸となって乗り越えていきたいと考えます。困難な状況下での活動になりますが、栃事研役員一同、社会情勢を的確に捉え、新しい生活様式を心掛けながら総力をあげて真摯に取り組んでいきたいと思います。

(1)活動目標
 ①子どもの学びづくりに参画する学校事務、事務職員の在り方について追求する。
 ②「第2期とちぎ学校事務ビジョン」及び「サクセスプラン」の周知、理解、浸透を図る。
 ③「研修の体系化」に基づき、研修カリキュラムを活用したキャリア形成、力量形成を図り、事務職員の一層の資質能力向上に努める。
 ④事務長制の重要性を踏まえ、学校事務職員制度の充実・発展に向け、学校事務の未来像を追究する。
 ⑤各支部、各関係諸機関・団体等とのより一層の連携を深め、学校事務及び事務職員の課題解決を目指す。
 ⑥栃事研の行う全ての事業を通して、学校事務の質、共同実施の質の向上を図り、教育の質の向上に寄与、貢献する。
  
(2)目標達成のための具体策
 ①「第2期とちぎ学校事務ビジョン」及び「サクセスプラン」の周知、理解、浸透を図るため栃事研活動を通して推進を図る。
 ②子どもの学びづくりへの参画に向け、学校事務や事務職員の在り方等の具体化を図り、全県的な実践活動に結び付ける。
 ③事務職員の職務規定の改正や共同学校事務室の法制化に伴い、その具体化を図るため研究、検討を進める。
 ④新たなとちぎの学校事務の創造に向け「第2期とちぎ学校事務ビジョン」を推進する。
 ⑤「研修の体系化」を見直し、事務職員の資質能力向上・力量形成に向け研究・研修の充実、工夫改善に努める。
 ⑥研修プログラムの活用促進とプログラムに基づいた研修の充実に努める。
 ⑦学校事務の未来を見据え、関係諸団体と連携しながら事務長制を中心とした事務職員制度の充実を目指す。
 ⑧教育の質の向上に向け、栃事研の行う諸活動、諸事業を通して、その基盤となる学校事務、共同実施の質の向上を目指す。
 ⑨これからの栃事研活動の在り方として中期研究計画のにおける研究大会での地区支部の運営・分科会提案などの見直しを図る。
 ⑩調査・広報活動の更なる充実を図り、情報の収集・提供を積極的に進め、各支部及び市町における研究・研修活動の充実、支援に努める。
 ⑪事務職員の研究交流・交流事業を推進し人材育成を図る。
 ⑫栃木県教育委員会、栃木県小学校長会、栃木県中学校長会、栃木県公立小中学校教頭会等関係機関、全国公立小中学校事務職員研究会、関東地区公立小中学校事務職員研究協議会及び関係諸団体との連携を深め、相互理解のもと課題解決に努める。
 ⑬本会事業及び諸会合の精選を図り、効率的な運営に努める。

(3)本年度の努力点
  ①「第2期とちぎ学校事務ビジョン」を推進し栃事研の事業活動に反映する。
  ②学校経営参画の実践の拡がりに向け、学校事務の質を高めるとともに事務職員の将来像を
描く。
 ③共同実施の全県実施を踏まえ、その質の向上を図る。
 ④  共同実施、事務職員の職層に応じた役割や機能について検討を進める。
 ⑤「研修の体系化」の充実を図るとともに研修プログラムの活用促進と指導者育成を進める。
 ⑥次代を担うリーダー、ミドルリーダーの育成を図る。
 ⑦HPの内容の整理及び調査・広報活動の充実と内外の情報の共有化に努める。
 ⑧事務職員の交流事業・研究交流・派遣事業を推進する。
 ⑨県教委、校長会、教頭会等関係機関、諸団体との連携を強化する。
 ⑩本会の行う会議について精選を図り、メールやHPの活用、時間短縮や回数の削減など具体的手立てを講じる。
 ⑪パブリシティの推進及び調査データの効果的な活用を図る。

(4)専門部活動の重点
  各専門部間は一層の連携を深め、相互支援のもと有機的に結び付いて活動していくことが重要であると考えます。特に本年度は会議・研修の機会をもつことが難しい中ですが、メールなどを活用して情報発信や共有化し、相互理解を深め、協働のもとそれぞれの役割をしっかりと認識して活動を進めていただきたいと思います。

 ① 研修部
    「研修の体系化」に基づく研修の企画運営を行い、系統的・継続的な研修を実施することにより、確実に学校経営参画を果たせる事務職員の力量形成を図っていただきたいと思います。そのために、目的を明確にし、「研修-実践-実証」のサイクルを定着させ、研修内容の充実を目指します。活動が制限される中ですが、研修の在り方、人材育成について更に見識や経験を深め、とちぎの事務職員のこれからの資質能力向上について検討していただきたいと思います。
  ・「研修の体系化」の見直しを図る。
  ・各地区、各支部との連携を強化し、実行・還元・連動を念頭においた研修の在り方を引き続き検討する。
  ・これからの学校事務、事務職員の在り方を念頭においたステージ別研修等の企画運営を検討する。
  ・研修成果の検証システムの具体化を図る。
  ・栃木県公立小中学校事務研究大会の共同企画運営にあたる。
 ② 研究部
    事務職員の学校経営参画の具体を示し、事務職員が自信をもって実践に結び付けていけるよう、共同実施を基盤として、子どもの学びづくりにつながるそして事務職員の未来につながる明確な学校事務、事務職員の役割を示していただきたいと思います。
    研修とともに、研究活動は栃事研活動の要になります。関ブロ栃木大会は中止になりましたが、研究のための研究ではなく、これからのとちぎの学校事務、事務職員の指針となる研究を確立していただきたいと思います。
  ・引き続き、これからの学校事務、事務職員の在り方を検討する。
  ・学校経営ビジョンの実現と策定への参画について実践に基づく研究を進める。
  ・栃木県公立小中学校事務研究大会の共同企画運営にあたる。

 ③ 調査部
    調査活動は、栃事研が行う事業、活動の根幹となる情報を扱う部です。会員のニーズを的確に把握し、活きた情報を提供するために、引き続き充実した活動に努めていただきたいと思います。
  ・会員へのタイムリーな情報の収集、提供に努める。
  ・共同実施に関する情報を県内外から収集し、提供する。
  ・学校事務の将来予測に関する多様なデータ等の収集と蓄積を行う。
  ・研究、研修活動を支える様々な情報の収集や提供に努める。
  ・栃木県公立小中学校事務研究大会の共同企画運営にあたる。

 ④ 事務局
    栃事研が、円滑に事業活動を行うには事務局による事前調整や会務の運営、財務運営が不可欠です。栃事研では、関係諸機関、関係諸団体等との連携や会員への周知活動、パブリシティの推進など多様な活動を行い、年々その重要度が増し、仕事が多岐にわたっています。重要度が増していく中でも、組織内の連絡調整をしっかりと行い、あわせて活動内容の精選と見直しにも努めていただきたいと思います。
  ・効果的、効率的な会務運営に努める。
  ・HPの充実を図り、会員との情報の双方向性の関係を構築する。
  ・会報について創意工夫に努める。
  ・「とちぎの学校事務」の内容の充実に努める。
  ・財政の充実を図る。
  ・県教委、校長会、教頭会、栃教協、事務長会、県立学校事務職員会など関係諸機関・団体等との連絡調整を図り相互理解、交流の場の設定などにあたる。
  ・事務職員の交流事業、研究交流・派遣事業について企画運営を行う。
  

 ⑤ 研究プロジェクトチーム
 「第2期とちぎ学校事務ビジョン」の周知活動とともに、研修の体系化の見直しを行っていただきたいと思います。
  ・リーフレットを作成し、会員並びに関係諸機関への周知活動を行う。
  ・「第2期とちぎ学校事務ビジョン」の検証の方法を検討する。
  ・目指す事務職員像を実現するため、幅広い見識と経験を踏まえ、研修部と連携し、研修の体系化の見直しを行う。
  ・栃木県公立小中学校事務研究大会の共同企画運営にあたる。

2 行動指針

 この指針は、栃事研の目指すべきミッション、研究主題に示される理念に込められた価値観を基に、これまでの成果と課題を踏まえ、「これからのとちぎの学校事務の創造」に向けて、一人一人が事務職員としての職務、栃事研の役員としての職務を遂行する上で必要な方向性を示すものであり、行動の基本的考えとなるものです。
 これまでに積み重ねてきたことをしっかりと胸に刻み込み「第2期とちぎ学校事務ビジョン」にありますように、新しい時代の学校事務を創造していただきたいと思います。

(1)信頼
    信頼は、いつの時代にあっても組織にとっての基盤であり、仕事をしていく中で、最も重要なものです。関係する全ての方から「信頼」を築きあげられるよう明確なビジョンに基づき、確かな活動を進め、成果を上げていただきたいと思います。その「信頼」が事務職員の教育における職の拡がりとともに、人として、学校事務職員としての「成長」につながっていくと考えます。
  
(2)責任
    栃事研は、各地区や支部との連携を通して、会員の成長(知識・技能・経験)を促す役割をもっています。それは組織を担うものとしての「責任感」の醸成につながります。栃事研役員として活動するにあたり、そのことをしっかりと認識していただきたいと思います。
     栃事研は任意団体ですが、各関係諸機関、社会に対して責任をもって目的を達成していく団体です。ぜひそのことを認識していただき活動を進めていただきたいと思います。また同時に、栃事研で活動することで役員の皆様の成長も図られると思います。栃事研は基より、地区・支部等で中心的な役割を担う人材になっていただきたいと思います。